CONCEPT

本プロジェクトサイト「強レジリエント化に向けた都市CPS(β版)」は、東京大学が防災科学技術研究所からの委託研究「観測データに基づくデータ解析および数値シミュレーションによる実構造物群の耐震性能評価システムの調査研究(代表:関本義秀教授、2019~2022年度)」によるものです。具体的には都市の強レジリエント化を目的として、建物構造物の耐震性評価をスケールの異なるデータ(建物データやBIMデータなど)を都市モデルとしてシミュレーションモデルに入力して行うためにデータの標準化仕様を設計し、また各種データのシミュレーション結果を活用した施策の合意形成を社会全体で分かりやすく正しく進めるために参考となる情報を分かりやすく地図上に可視化し発信するための都市CPS(Cyber physical system)です。

TEAM

データ標準化・WebGIS班
担当 / 関本教授

もっと詳しく

建物IoT班
担当 / 野城教授

もっと詳しく

建物振動シミュレーション班
担当 / 腰原教授

もっと詳しく

合意形成システム班
担当 / 小泉教授

もっと詳しく

(C) 2021 - 2022 The University of Tokyo. All Rights Reserved.
supported by AIGID